飼い主さんありがとう。近況報告、わが子自慢などお書きください。
新しく投稿する場合には、↓の「新規投稿」をクリックしてください。
なお、以前の古い書き込みをご覧になりたいときは、↓の「過去ログ」をクリックしてください。
返信したいときは、↓の「TOP」を一度クリックしてから返信をしてください。


[TOP]  [新規投稿]  [新着記事]  [記事検索]  [過去ログ]  [修正・削除] [管理用]


虹の橋へ
チェロママ  E-Mail  2023/04/28/11:11:27 No.6952
2008年9月に我が家へ譲渡していただきました NO342 ビーグル犬チェロです。

ずっと元気に我が家に幸せを運んでくれましたが、4月21日15歳9か月で、虹の橋へ旅立ちました。
余命宣告からわずか2週間のことでした。癌でした。

チェロは我が家の太陽でした。まだ夢を見ているような気持ちです。
毎年お誕生日に、預かりママのTさんに元気な写真をお送りするのが楽しみでしたが、今年はそれもかなわなく
なりました。

CAJAの会を通じて、かわいいかわいいチェロと出会えたこと、心から感謝しています。
いつか虹の橋で再会できる日を楽しみに。


Re:虹の橋へ
Staff Y   2023/06/08/09:45:42 No.6955
チェロママさんへ

長い間大切に大切に育んで下さったこと
最後まで沢山の愛を注いで下さったこと
そしてお宅の太陽だと仰って下さったこと
全てに感謝の気持ちでいっぱいです
預かりママも感無量だと思います

必ず会えます 会えますよね
というか物理的な形がなくなってしまったけどチェロはいつもいつもご家族の心の中にいるんだと思います

長い間本当に有難うございました


no subject
りょうまま   2023/04/14/08:45:55 No.6951
CAJAの会の皆様こんにちは。
卒業犬No.0265のイブキこと猟です。
2007年に譲渡して頂き我が家に迎え早16年。
今朝ほど大好きな玩具を枕に旅立ちました。
ご紹介頂いた時に2歳程度との事でしたので、
18歳のお爺ちゃんで大往生だと思います。
なかなか動物として優秀でにおいが強く、
室外飼育可となっていてトライアルから数回返されたとあったので、
本当に強く我が家と縁があったのだと思っています。
遠方まで車でご足労頂きました当時のスタッフさんには大変感謝しております。
ありがとうございました。
Re:no subject
Staff Y   2023/06/08/09:41:57 No.6954
りょうままさんへ

猟くん 稀に見る長寿で大往生ですね
大好きなおもちゃを枕元に…泣けます
私たちには理解しきれないシックスセンスを持つ彼らです
猟くんは自分の力でりょうままさんのお家を見つけたんだと思います
心から感謝の気持ちでいっぱいです
スタッフ一同御礼申し上げます
ありがとうございました


ご報告
ムサシママ  E-Mail  2023/02/05/17:53:16 No.6950
ご無沙汰しています。

2008年9月に譲渡したいただきました、保護犬346のジミーことムサシです。家族の一員になって14年あまり過ぎ、ずぅーっと元気にすごしていましたが、昨年5月ごろから、心胸水がたまり抜水を5.6回繰り返し、次に腹水がたまり始め十数回、抜水を繰り返し、はじめは薄いピンク色だったものが最後は真っ赤な血液になり・・・9か月の闘病生活でした(血管肉腫だったようです)。それでも、ムサシはフラフラになりながら最後まで頑張り続けてくれました。
2023.2.1、力尽き、たくさんの思い出を残し、旅立ちました。いなくなって、ムサシの存在感の大きさをあらためて実感しています。

ムサシとの縁を繋いでくれた「カヤの会」の皆さん、本当にありがとうございました。初めてムサシとお見合いした日のこと、家まで送って来ていただいた日のこと、はっきりと覚えています。思い出すと涙がでてきます。お世話になりました。本当に本当に、ありがとうございました。
Re:ご報告
Staff Y   2023/06/08/09:38:20 No.6953
ムサシママさんへ

1年近い闘病生活
支えて頂いたこと そして長い寿命を達成させて頂けたこと心からスタッフ一同御礼申し上げます
お疲れさまでした

私もお話を伺いながら涙腺崩壊です
言葉にすることが叶わないそんな感謝の気持ちでいっぱいです
長い間有難うございました 
これからは皆さんのことをお空の上から守ってくれることでしょう


ご報告
パックンママ  E-Mail  2022/06/25/18:14:06 No.6944
2008年9月に私達の家族になってくれたNo.0345 トイプードルのボンゴことパックンが6月19日に家族の腕の中で長い眠りに付きました。4〜5歳で出会い、それから14年間 私達にたくさんの幸せをくれました。最後の1年間以外病気をすることなく 頭が良くて優しくてとても可愛い子でした。
私達の家族になってくれてありがとう。
そして 私達を家族にしてくださりありがとうございました。
Re:ご報告
Staff Y    2022/12/18/12:49:02 No.6949
パックンママさんへ

人間でいえばもう100歳近い年まで生きられたこと
ご家族の皆さんに愛情の賜物です
最後の1年間の看護有難うございました
CAJAの会発足20年近く・・・譲渡された子たちの旅立ちも数多くなってきましたが 1つ1つの出会いそして縁結び、こうして亡くなったというお知らせを頂けたこと 頑張って活動してきた甲斐があったんだと思い入ります
心よりスタッフ一同御礼申し上げます
Great thanks to you 有難うございました


天国へ旅立ちました
さくら(元・クッキー)   2022/05/05/12:41:32 No.6943
カヤの会の皆様

大変ご無沙汰しております。
2009年4月、卒業犬No.368、耳の垂れた白い犬のさくらです。

ずっと楽しく幸せに過ごしてきたさくらでしたが、2022年5月1日の夜、天国へ旅立ちました。
13歳4か月でした。

今まで病気もなくずっと元気に走り回っていたのですが、昨年6月に腎臓病が発覚し、昨年末からは認知症も併発しました。
腎臓病が発覚した時は、約1週間食べなくなり、突然のお別れを覚悟しなければならないと思ったのですが、それでも約11か月間、頑張ってくれました。
最後は家の中で家族に抱っこされながら、息を引き取りました。

さくらが来てからは、毎日が宝物のような日々でした。
沢山の笑いを提供してくれて、本当に良い子でした。

こんなに素晴らしいご縁を結んで下さいました、カヤの会の皆様に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
Re:天国へ旅立ちました
Staff Y    2022/12/18/12:42:30 No.6948
さくらちゃんのママへ

さくらちゃんが譲渡されてから毎日が宝物のような日々だったとのこと、もう私たち冥利に尽きるお言葉です
有難うございました 感謝の気持ちがあふれ出るのになんとお返事していいのか判らない程です
大事にして頂いた分寿命が延び、犬や猫は罹らないとされてきた疾患が多々見られるようになりました
介護が11か月もあったとのこと 他の方たちも同じように看取ってくれたということ 心から御礼申し上げます
大好きなご家族の皆さんに看取られて虹の橋を渡って行けたこと胸が詰まります

本当に本当に有難うございました


11年間の幸せな日々に感謝
メル母さん  E-Mail  2022/04/10/22:23:32 No.6941
長らくご無沙汰しまして申し訳ありません。
2011年に譲渡したいただきました、ミックス犬のメル(ナンバー0466)です。震災直後の不安な毎日を、メルに癒され、元気をもらって我が家は幸せにすごしてきました。ですが、数年前からメルの心臓に疾患が見つかり、また、加齢による腎臓機能の低下が加わって、メルはさくねん11月頃からずっと闘病状態でした。病状は一進一退を繰り返しながら徐々に徐々に身体が衰弱し、遂に本日未明、天国へと旅立ってしまいました。
辛いであろうと思うのに、とにかくひたすら一生懸命生きようとしているメルの姿に、介護しているこちらの側が励まされている毎日でした。私たち家族にあたたかく幸せな毎日をくれたメルがいなくなってしまったと言うことは、正直なところまだ実感が湧きませんが、メルとすごした日々は本当に幸せだったと感じています。
このような幸せをいただけたのも、カヤの会の皆様が私たち家族とメルトが出会う機会をくださったおかげでずす。ほんとうにありがとうございました。
いろいろ病はあったものの、メルはいつも前向きで、明るくすごしていました。ここにご報告いたします。
カヤの会の皆様、コロナ禍で活動も上手く進まないかとも思いますが、どうぞお身体に気を付けて、今後も活動をがんばってください。本当にありがとうございました。
Re:11年間の幸せな日々に感謝
Staff Y    2022/12/18/12:37:57 No.6947
メル母さん
お知らせ拝見しながら涙が止まりません
こんな風に最後の最後まで大事に介護して頂けたことどんなに感謝してもしきれないです
メルちゃん 幸せでしたね
メルちゃんのように幸せな暮らしができるワンコが1頭でも増えてくれますように
活動へのエール有難うございます 実際は譲渡不能の保護犬が2頭残るだけで現在CAJAは終活中
スタッフもみんな年をとりましたw
でもそんな中でもできることをしていきたいと残っている仲間内で話しています
これからも小さく応援お願い致します
有難うございました


永眠
ゆうぴょん  E-Mail  2022/02/01/12:04:22 No.6940
悠々を家族に迎えて16年 大きな病気もせず長生きしてくれました。
夕べ離れて暮らす子供達もリモートで看取りました。最後の2年間は認知症との闘いでしたが、最後は眠るように息を引き取りました。たくさんの思い出をありがとう。また会おうね、ゆうぴょん!
Re:永眠
Staff Y    2022/12/18/12:34:34 No.6946
ゆうぴょんさん お知らせ有難うございました
16年もの長い年付、この上なく愛し大切に育んで頂き感謝の気持ちでいっぱいです
スタッフ一同心より御礼申し上げます
天国はきっと賑やかでしょうね
私も同じところへ行けるよう精進したいと思います
長い間本当に有難うございました


がんも改め福 15歳がんばりました
福マミー  E-Mail  2022/04/17/14:41:08 No.6942
2007年に0247番で我が家の家族になりました
「がんも」改めて「福」となり15年、
元気いっぱいで引っ越しも2回一緒に経験しながらも
いつも皆で楽しく過ごしてきたした福でしたが、
先週4/10の夜9時前に皆が見守る中静かに息を引き取りました。
たくさんの楽しい思い出を残し本当に最後まで良い子でした。
かやの会で福に出会えたこと、本当に良かったです。
ありがとうございました。
Re:がんも改め福 15歳がんばりました
わかめマミー   2022/11/11/20:05:40 No.6945
お返事遅くなりました
福ちゃん、ご家族の皆さんお久しぶりです。
15さい!!
あのあかちゃんワンコが15さいなんて信じられませんが、きっとずっとかわいい福ちゃんのまま、15年間楽しく過ごされたのではと思います。
お引越しされたのですね〜。
お見合いした頃が懐かしいですね。。
生涯家族として見守っていただきありがとうござました。
わかめハンも川向こうで過ごしておりますので、また一緒に遊んでいるかな。


あんこの旅立ち
あんこママ  E-Mail  2021/08/27/15:49:50 No.6938
2006年4月に譲渡していただきましたあんこが8月24日16:30虹の橋へ旅立ちました。我が家へ迎えてから15年4ヶ月私たちを楽しませてくれた可愛いあんこでした。かかりつけの獣医さんとトリマーのお姉さんにもとても可愛がっていただき、病院では優良患者だったそうです。又あんこを迎えてから友人に薦められ始めたブログを通じたくさんの出会いにも恵まれました。あんこには感謝しかありません。長く患って私たちに大変なあ思いをさせることなくご飯を食べなくなって3日目には逝ってしまいました。最後の数時間は見ているのも辛いほどでしたので呼吸が止まった時にはやっと楽になれて良かったと思いました。親孝行な子でした。こんな可愛い子を我が家に委ねてくださったCAJAの会の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
Re:あんこの旅立ち
Staff Y   2021/09/21/13:35:13 No.6939
長い間 本当に長い歳月ずっと大切に育んで頂き最期を見守って頂いたこと、スタッフ一同心より感謝致します
あんこちゃん 幸せでしたね
そしてあんこママさんのお言葉有難くて涙が出ます
あんこちゃんもあんこママご一家に迎えられたこと本当に本当にラッキー楽しく最高の犬生だったと思います
またあんこちゃんが形を替えてみなさんに会いに来ますように・・・・


リックの旅立ち
リック母  E-Mail  2021/06/22/22:16:01 No.6931
この3月に譲渡後9年経ったご報告をいたしましたが、先週6月16日夜11:30にリックは虹の橋を渡っていきました。譲渡時に推定5歳位ということでしたので、14歳は超えていたと思います。
5月20日に一緒に寝ていたベッドから落ち、様子がおかしくなり、動物病院に連れて行った所、レントゲンで脾臓の腫瘍が見つかりました。年齢、体力、腫瘍の状態を考え合わせると手術は難しいということで、心臓の負担を軽くする飲み薬をいただき、様子を見ることになりました。病院では美味しいものを食べさせてくださいと言われ、一旦はすぐにお別れになることも覚悟しましたが、いただいたルルドのメダイのお蔭か、その後徐々に元気になり、食欲も回復して、元の状態に戻りつつあり、20日には病院で手術ができないか相談するつもりでした。
先週15日、私は仕事が休みの日で家で授業の準備、夫も在宅勤務、社会人になり一人暮らしをしている娘もリックが心配で実家に来て在宅勤務をしていました。その日も昼ごはんは普通に食べたのですが、いつもご飯の時間の前には台所に来て待機しているリックが、夕飯時は来ませんでした。ベッドに横になり、後足がきかず、それでも支えてやるとトイレは自分し、ごはんもチュールや少量のふやかしたフードも全部食べ、バナナに入れた薬も飲みました。元気になってきていたので、まさか容態が急変するとは思っていませんでしたが、翌朝は目を開けたまま意識も
余りなく、もう食べるものも水も自分からは取れなくなっていました。
(続)
Re:リックの旅立ち
リック母  E-Mail  2021/06/22/22:16:41 No.6932
私は学校の講師をしているので授業に穴は開けられず、後ろ髪を引かれる思いで出勤したのですが、職場の理解もあり幸い午後に年休を取れ、急いで家に帰りました。リックは朝と変わらない様子でした。普段家にいても日中ゆっくりリックを抱っこしてあげる時間がなかったことを詫びながら、リックを膝に抱きました。買ってきたスポイトで水を飲ませるとゴクンと飲み込み、良かったと思ったのも束の間、それが刺激になったのか、その後胃の中のものを全部吐き戻しました。今思うと、もう胃が消化を止め、身体が旅立ちの準備をしていたのでしょう。病院の先生に電話で伺うと、この状態では痛みや苦痛がないのなら病院に連れてくるより家族が見守っていた方が良いということでした。夕方息子が駆け付け、この日は出社だった娘も10時過ぎに到着、家族全員に会ってしばらくして、まるでお別れを言うように最後に声を振り絞るように鳴いて旅立っていきました。
顔立ちの通りやさしく、一度も唸ったことのない穏やかないい子で、最後まで立派でした。私達がリックにしてあげたことより、はるかにたくさんのものをリックからもらいました。愛護センターからリックを助け、リックと私達の縁を結んで下さったカヤの会の皆様に心から謝申し上げます。
 今日は初七日ですが、私の心にも、毎日の生活の中にも、ぽっかりと大きな穴が開いています。
Re:リックの旅立ち
Staff Y   2021/07/01/09:58:52 No.6933
長い間この上なく愛し育んで頂けたことCAJAの仲間全員から感謝の気持ち、御礼を申し上げます
本当にリックくんはいい子でしたね
途中から目が見えなくなってしまったりいろいろ大変だったと思います 
リックは幸せカヤっ子 今はお空に行ってしまった仲間たちと沢山沢山遊んで楽しくしていると思います
そしてKさんご一家の幸せを見守っていることでしょう
有難うございました
Re:リックの旅立ち
リック母  E-Mail  2021/07/05/22:26:11 No.6937
ご返信ありがとうございます。
毎日毎日リックのことが思い出され、寂しいですが、こちらの投稿の訃報を拝読し、皆さん同じ気持ちだと慰められました。きっとリックのカヤの会の仲間たちと楽しく過ごして待っていてくれていますね。カヤの会の皆様、本当にありがとうございました。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
[TOP]
shiromuku(bu1)BOARD version 2.30